【LEDテールランプ修理】レガシィLEDバックランプ不点灯修理(バレンティ製)

Pocket

この度のご依頼はレガシィのテールランプ内バックランプ部分の不点灯修理です♪♪

 

【施工前】 ご覧の通りLEDが歯抜け点灯状態になってしまっています(^^;

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%82%a3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e4%bf%ae%e7%90%86%e5%89%8d

 

【施工後】 見事復活です!色味も完璧に合わせる為にLED全てを打ち変えておりますv(^^)v

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e4%bf%ae%e7%90%86

 

【施工期間】 2日間

 

MODESTコメント

今回のご依頼は、テールランプバックランプの不点灯修理ですが、ご依頼の電話にてオーナー様より症状や経緯をお聞きしたところ、レアケースでの不具合内容でした。

と言いますのも、『バックランプをバックフォグ兼用』で使用出来ないかと考え、配線取り付けしてカスタムしたところ、暫くはバックフォグのように常時点灯していたようですが、いつの間にか写真のようなLED不点灯な状態になっていたようです(^^;

さらにはライトバーを止めているボンドが溶けてライトバーが脱落してしまっている状態でMODESTに送られてきました。

解析したところ、バックランプを常時点灯にした事でLEDやプリント基板に負荷が掛かり、その結果の発熱(LEDは点灯時には高温になります)による周辺部品やボンド等への不具合につながるものでした。。。

MODESTの母体はあらゆる電子機器の製造会社ですので、LED製品は毎日のように生産しておりますが、初めにLED製品を設計する時の大事な要素として、LEDの熱を放熱できる事が大変重要なポイントになります!!

今回は大事に至ることなくホッと致しましたが、最悪の場合は発火の原因にもなりますので皆さまには十分なご注意をお願い申し上げますm(_)m

 

それでは本日もどうぞご安全に。。。

 

車内電飾のLED打ち替えやLEDテールランプ修理の事なら、何でもお気軽にご相談下さいませ!
LED打ち替え・テールランプ修理の専門店 MODEST
http://k-modest.com/
神奈川県寒川町宮山380
お問い合わせ
info@kohtoku.jp
tel0467-75-1917

テールランプ修理/レガシィ/バレンティ/LED修理/不点灯修理/バックランプ/

 

Pocket

  • 車・バイクのLED打ち替え
  • テールランプの球切れ修理
  • 納品までの流れ
  • お見積り・ご注文
  • アクセスMAP
  • 安心の1年保証!納品時に保証書をお付けします!
  • 提携店舗一覧
  • 業務提携
  • 車検と同時にLEDカスタム・LEDテールランプ球切れ修理
  • 運営会社コートク
  • Facebook

トップページへ戻る 前のページヘ戻る このページの上部へ